カテゴリー別アーカイブ: PHP

PHPでセッションファイルの保存場所

 Windows Web Server 2008にPHP5.3.3をインストールして使ってたんだけど、C:\Windows\Tempにあるエラーログ(php-errors.log)にときどきPHP Notice: session_start(): ps_files_cleanup_dir: opendir(C:\Windows\Temp) failed: No error (0)というエラーが記録されている。「session_start()の実行時にセッションファイルが格納されるディレクトリへのアクセス権がなくてps_files_cleanup_dirに失敗した」ってことかな? でもセッションを使った認証機能などは正常に動いているようだし、session_start()をコールしてもたまにしかこのエラーが発生しない。特定のスクリプトで起きているわけでもなさそうだし。なにかの確率に基づいてランダムに発生しているように見える・・・・・ある確率で発生するセッションに関することで思い出したのが古いセッションファイルの自動掃除、ガベージコレクションに失敗してるんじゃなかろうかってこと。Tempフォルダにガベージコレクションの実行権限を与えるか、ガベージコレクションの実行権限があるフォルダをセッションファイルの保管場所に変更するか(php.ini内のsession.save_pathを変更)。これで解決できればいいんだけど・・・どうだろう。

PHPでPDFファイルのプロパティを取得する(1)

TCPDFというPDF生成ライブラリが便利。比較的簡単にPDFファイルが作れる。ところでサーバに生成したPDFファイルを貯め込んである場合、その一覧表をつくる方法を考えた。最初に思いついたのが、TCPDFでPDFを生成するたびにMySQLに情報をいれて、これを使って一覧表のページをつくること。でも何かのはずみでディレクトリ内のファイルを削除したりリネームしたりしてしまうことがあるかもしれない。そうなると実態とMySQL内の情報がめちゃくちゃになってしまう。一番簡単なのはファイル名を使って一覧表を作ってしまうことだというのはわかる。でもファイル名だと中身がわかりにくい。さてどうしようか。

PDFファイルには「タイトル」「サブタイトル」「著者」「作成日」「更新日」「キーワード」といった情報を記録しておくことができる。

PDFファイルにはタイトルや著者などの情報を記録できる
PDFファイルにはタイトルや著者などの情報を記録できる

TCPDFにもPDFを生成するときにもこれらの情報を付加する関数がある。ということはここにいろいろ書いておいて、phpでこれを読み込んで一覧表をつくることができればディレクトリに実在するPDFファイルを対象にしつつわかりやすい一覧表が簡単につくれる、ハズ。

ハズ、なんだけど、どうすりゃいいんだ? ネットでいろいろ検索するとPDF生成ライブラリとして有名なPDFlibのオプション機能としてPDFプロパティの取得ができる機能があることがわかった。オプション単体でも存在しているんだけど、どっちにしても有料。うーんお金とれる話なら使ってもいいけど、趣味だからなあ。高すぎる。

で、phpユーザーのメーリングリストで質問したら、ZendFrameworkのZEND_Pdfという機能でOKとの回答。そうなのか。フ、フレームワークか。フレームワークって、知識としては知ってるけど未経験。CakePHPあたりの勉強してみようかなぁなんて思ってたくらいだからなあ。できるってことはわかったけど、使えるようになるまでにえらい時間かかりそう。でもいずれフレームワークも使えるようになったときのために覚えておこう。

メーリングリストでもうひとつ興味深い回答が。PDFファイルに記録されている情報なんだから直接取り出しちゃえば?という至極単純な回答。そりゃそうだ。あははは。

とりあえずバイナリエディタ「0xED」を使ってサイズの小さなPDFファイルを開いてみる。だらだらだら〜っと眺めていると、あった、あった。「/Title」っていう部分、ほかにも /Author、/Subject、/Keyword、/Creatorなどなど。それぞれ直後にある( )内がプロパティ値になっているらしい。( )内をいろんなエンコーディングで試してみたらUTF-16でバッチリ変換できる。

PDF形式のファイルをバイナリエディタでひらくと
PDF形式のファイルをバイナリエディタでひらくと

ここまでわかったらあと一歩。phpでPDFファイルをバイナリで開いて、「/Title (」ってのを探して、終わりの「)」を見つける。その間にあるバイナリデータはUTF-16なんだからこれをUTF-8に変換すればブラウザで表示できる。

Mac mini サーバー構築@Leopard (3)

【PHP】

PHP のインストール

Mac OS X には PHP がすでにインストールされているので何もやることなーし。バージョンは5.2.6だった。初期状態では稼働してないが、Apache の設定を変更して有効化してやればOK。

PHP の設定

設定ファイルをいじって MySQL と接続できるようにするだけ。

Finderの移動メニューからフォルダへ移動…を使って
/etc/
を開くと PHP 設定ファイルのサンプル「php.ini.default」があるのでデスクトップにコピーする。

ファイル名を「php.ini」に変更する。

設定ファイルを開いて MySQL ソケットファイルの場所を指定する部分を下記のように書き換える。
mysql.default_socket =

mysql.default_socket = /tmp/mysql.sock

そしたらターミナルを起動して
sudo chown root:wheel /Users/ユーザー名/Desktop/php.ini
でオーナー変更。
sudo chmod 444 /Users/ユーザー名/Desktop/php.ini
でパーミッション変更。
sudo mv /Users/ユーザー名/Desktop/php.ini /etc/
でファイルを/etc/ディレクトリ内へ戻す。