MS-06FS ザクII ガルマ・ザビ専用機

MS-06FS
ZAKU II
PRINCIPALITY OF ZEON GARMA ZABI USE MOBILE SUIT

ザクですよ、ザク。ガンダムといえばザク。ザクがなければザクじゃない。ザクがあればこそのガンダムだ。そうだろ、そう思うだろ。

これだけいろいろザクのプラモデルを作ってるのにいっこうに作り終わらない。1年戦争で開発されたザクはいったい何種類あるんだ。ワクワクさんが止まらないぜ。

さて、本日のザクはガルマ・ザビ専用機です。ガルマ・ザビはみなさん、ご存じですね。存じてないという方は勉強してください。独立国家「ジオン公国」を名乗り地球連邦に独立戦争を挑んだ宇宙都市サイド3。デギン・ザビを公王とし、その子どもであるギレン、キシリア、ドズル、ガルマの4きょうだいが実権を握っている独裁政権である。そう、ガルマ・ザビというのは、ジオン公国の実質的支配者であるデギン・ソド・ザビの末子であるのだよん。

アニメ「機動戦士ガンダム」では、北米を拠点とする地球方面軍司令官として物語の序盤に登場。シャアに裏切られ「謀ったな、シャア」「ジオン公国に栄光あれ!!」と叫んで退場。その後シャアには「坊やだからさ」とか言われていた彼です。思い出しましたか?思い出したんならそれでよろしい。

ザクはこのローアングルがかっこいい。定番のポーズだ。

さて、思い出した人は「ん?ガルマってモビルスーツに乗ってたっけ?」と思ったはずだ。そうだな?思ったな?その疑問はもっともだ。アニメではガウ攻撃空母という巨大輸送航空艦の艦長だったり、ドップという小型戦闘機のパイロットだったり、でもモビルスーツには乗ってない。ということなので、このモビルスーツは後付け設定として作られたもの。

形式番号はMS-06FS。シャア専用機で有名なS型をベースに、頭部に計4門のバルカン砲が付いているのが特徴。また、最近の後付け設定だと大型のヒートホークも装備していたことになってる。

S型がベースになっているので、宇宙空間での姿勢制御用の小型バーニアスラスターがランドセル上部とふくらはぎ下部にボコボコついている。しかしだなぁ、ガルマは地球方面軍司令官として北米にいたわけだから陸戦仕様じゃないといかんのではないか?まあ深いこと考えてもしょうがない。

左右の腰についているのはガンダム世界でおなじみの手持ち式ロケット弾「シュツルムファウスト」。第二次世界大戦中にドイツ軍が使っていた携行式対戦車ロケット発射器「パンツァーファウスト」のモビルスーツ版。

バンダイの直販サイト「プレミアムバンダイ」の限定品。大型ヒートホークに部分塗装しただけで、あとはいつもどおりパチパチ組み立てて墨入れペンで墨入れしたらデカールを貼って水性つや消しトップコートをブシャーで完成。サクサクっと作ってもこの完成度。バンダイ、脅威のメカニズム。

薬師寺 東塔

奈良県の薬師寺にある数あるお堂の中で創建当時のまま現存する平城京最古の建造物だそうです。

へー、奈良に旅行にいたんですか。旅行嫌いのインドア人間が。なんのために?どうして?奈良に?

外に持ち出して自然光の中でちょっと逆光で撮影するとディテールが潰れるからなんとなく本物っぽく見えるけど、これ、プラモデルです。

あー、なんだ、プラモデルでしたか。

プラモデルです。フジミ模型の1/100薬師寺 東塔を作りました。ガンプラばっかり作ってる軟弱モデラーにとって建築物のプラモデルは敷居が高い感じがしてなんとなく敬遠してたんだけど、ネットで無塗装の作例を見たら成形色がいい雰囲気が出てて案外軟弱に作ってもそれなりに見られるものになりそうだなあと思って突然作ってみたよ。

4面の壁がほぼ同じ構造で1階分を構成していて、それがほぼ似た構造のまま3階建てになってるんで、同じような部品を同じように組み立てて壁を作っていく作業が4×3で12回繰り返す。美しい梁の構造をちまちまと頭ん中を空っぽにして黙々と作っていくのは面倒なことを忘れさせてくれてリラックスになる。

ちなみに、ガンプラじゃないので細かな部品を丁寧に接着するんで接着剤は必須。トロッとしたタミヤセメントと、サラッとしていてスキマにスッと入っていくGSIクレオスの流し込み接着剤を使いわけて組み立てていく。部品同士の合いは思ったよりよかったので、ヤスリで削って形を調整していく作業は思ったより少なくて済んだ。

軟弱者なので、いつも通りほぼ塗装なし。木部と石畳はタミヤの墨入れブラックで、屋根瓦はタミヤの墨入れグレーで、墨入れ。最後に全体にツヤ消しスプレーを数回に分けて薄く重ね塗りで完成。

んで、なんで突然、建築物なのかというと・・・・

あ、結局ガンプラなのね。

横浜みなとみらいで公開中の実物大「動くガンダム」の1/100プラモデルを作ったんですね。そしたら同じスケールの実在物と並べたくなったんで、なんかいいものないかなあとネットを調べてたらフジミ模型の1/100薬師寺 東塔が目にとまって。横浜ガンダムのオマケ的に作るつもりが、いざ作り始めたらガンダム作るよりも大変で時間かかったんでどっちが主なのかわからんくなった。

手前にある1/100アムロレイも塗装すればよかったな。

大切なものをけがされた気がする

Cosmetic-Info.jp という化粧品成分・原料・処方に関する情報提供サイトをかれこれもう20年以上運営してる。便利に使ってくれている人も多いと思う。

なにかしらのテーマで情報を収集してまとめるってのは誰でも思いつくサービスだから、この20年の間には Cosmetic-Info.jp 以外にもいくつもの化粧品原料を紹介するサイトが生まれてきた。そんな中で Cosmetic-Info.jp がいまも中心的な存在でいられるのは(もちろん最初だったということもあるけど)地道な情報収集の継続と、集めた情報をどうまとめるかという思想、それを具現化する使いやすいシステムの構築の結果だったと思ってる。

いくらシステムが優れていても載っている情報の質が悪ければダメだし、いくら質の良い情報を集めてもなんの思想もなくただ漫然と書き写すだけのサイトなら必要ないし、載っている情報がすごく良くても使いにくいシステムではダメだし。Cosmetic-Info.jp はその3つが他よりもちょっとだけ良かったんだろうなと自画自賛。

んで、最近、化粧品の成分や原料の情報を収集してまとめますっていうサイトが誕生したんで見てきた。

・・・・・・・・・なんだろう、うーん、ガッカリした。過去20年見てきた Cosmetic-Info.jp っぽいサイトの中で最大級にガッカリした。継続も思想も構築もない。「なんか便利そうなサイト作ったオレスゲー」的な小手先感丸出しの、ガッカリすると同時になんかものすごい不快な感覚がフツフツとわいてくる。

たとえば「ヤシ脂肪酸」という表示名称についての情報提供画面を見てほしい。まずはCosmetic-Info.jpの画面から。

Cosmetic-Info.jp

次が、最近誕生した化粧品成分・原料の情報提供サイト

新登場の化粧品成分・原料の情報提供サイト

見た目の雰囲気が似てるのはまあいい。扱っている情報が同じなんだから見やすさを追求すれば自ずと似たような見た目になるってのはわからんでもない。まあそれにしても似すぎだろうとは思うけど。問題は中身、書かれている情報そのもの。

たとえば「定義」のところ。粧工連は、すでに存在する表示名称が定義中に含まれる場合はその表示名称に(*)という印を付けている。粧工連の元ネタはここまで。で、Cosmetic-Info.jp ではこういう場合にはその表示名称を抜き出して『参照表示名称:[XXXX]』というその表示名称とそのページへのリンクを定義の末尾に追加してわかりやすく作り変えている。このサイトには Cosmetic-Info.jp が独自に書き加えている部分も含めて丸っと転記されている。思想がない。悲しい。

Cosmetic-Info.jpは定義中に現れる既存の表示名称にはその表示名称のページへのリンクを付け加えている。
新しいサイトはただ文字を書き写しただけなので、参照表示名称が意味をなしてない。

これってさ、[ヤシ油] って部分がヤシ油のページへのリンクになっているから意味があるんであって、単に『参照表示名称:[ヤシ油]』っていう文字だけコピペしても、それは定義中の『ヤシ油(*)』を『参照表示名称:[ヤシ油]』に書き換えてるだけで何の役にも立たない無駄な情報。私が使いやすさを考えて作った独自の表示方法を、その情報の意味を考えもせず書き写しただけだから、無意味な文字列に成り下がってる。成分に対する愛が感じられない。どうせ丸写しするならリンク機能もちゃんとマネすりゃいいのに、中途半端なことされて、なおさら悲しい。

たとえば「中文名称」のところ。どの表示名称とどの中文名称を紐づけるのが正解なのかってのが微妙な問題をはらんでいて解釈がいろいろある。名称同士の関係性に正解がないから困ってる。Cosmetic-Info.jp は Cosmetic-Info.jp としての解釈で表示名称に対する中文名称の紐付けを行っている。それが丸写し。俺の解釈とあんたの解釈は同じなのか?あんたにはあんたなりの解釈はないのか?悲しい。

(2010)のカッコは半角、(2015)のカッコは全角、2021の情報は今精査中でまだ載せてないのがCosmetic-Info.jp
カッコの全角・半角がそのまんま、2021の情報が載ってないのも同じ

しかも、Cosmetic-Info.jp では、元ネタの『国際化粧品原料標準中文名称目録(2010)』の(2010)は数字を半角カッコで括っていて『已使用化妆品原料名称目录(2015版)』の(2015)の版という文字付きで全角カッコで括っていて、已使用化妆品原料名称目录(2021)は情報の精査が終わってないので未掲載なのまで同じ。すごい悲しい。

なぜか必要な改行やスペースを取り除いているので情報が変になってる

そして、がっつり丸写しかと思えば、なぜか定義と中文名称とCAS RN®の情報からは改行とスペースを取り除くという意味不明な加工をしているから、Salvia officenalis が Salviaofficenalis になって単語の区切りがなくなってるし、目録版中文名称と既存使用中文名称がつながっていて読みにくいし、CAS RN®に至っては、8022-56-8 と 84082-79-1 がつながっていてもはや情報として無価値どころか誤情報に生まれ変わってしまっている。成分に対する愛がまったく感じられない。どうせ丸写しするなら改行やスペースもちゃんとマネすりゃいいのに、中途半端なことされて、とんでもなく悲しい。

2つのサイトの備考欄の比較(上:Cosmetic-Info.jp / 下:悲しいサイト)

たとえば「備考」のところ。20年にわたって収集し続けている表示名称に関するさまざまな情報を、私の解釈を交えて私の言葉で書き貯めている。いろんな通知が出たり、表示名称とINCIの関係性に解釈の問題が生じたとき、その他もろもろ集めたいろんな情報を自分なりに整理してわかりやすく記録し続けてきた。これも丸写し。このサイト今年できたばっかりなのに「(2014.6.15現在)」とかタイムスタンプまで丸写し。20年以上にわたる私の努力をなんだと思ってるんだろう。悲しい。

そしてなにより超絶最大級に悲しいのが↓コレ

Cosmetic-Info.jpは、ところどころに小ネタをはさんで楽しんでる。
おれの密かな楽しみまで奪いやがった

昔からところどころにクスッと笑える小ネタを書いてひとりでニンマリ楽しんでるんだけどさ、これもそのまんま丸写し。ここまで丸写しするなよ。おれの密かな楽しみを踏みにじられたのが何より最大級に悲しい。超絶悲しい。

なんだろう、このサイト作った人って技術屋としての自負とか矜持みたいなものはないんだろうか。

5年くらい前だったかな、さまざまな情報を一定のテーマに沿って収集・再構成して掲載する「まとめサイト」が流行してた。「キュレーションメディア」とかカッコいい名前で呼んでたけど。あの当時、医療系情報をかき集めてた「WELQ」ってサイトが、真偽も定かでない情報をなんの思想もなくただただかき集めて掲載してて、無断転載だとか嘘情報だとかで大問題になって閉鎖になった。あれと変わらないな。

情報に対する「愛」が感じられない。情報をカネを生み出すための道具としてしか見てないのかな。情報そのものが何を意味していて何を伝えてくれるものでどう受け止めるものなのか、そしてそれをどう伝えたらいいのか、そういった「情報を愛でる心」が欠落してるんだと思う。Cosmetic-Info.jp の情報を抜き出すプログラムを組んで自動的に自分のサイトにデータを取り込んだだけなんだろうな。取り込んだデータ全部を穴が開くまで見て、おかしなところや自分の思想にあわない解釈とか変えようとかって思わないんだろうか。

このぶんだと、久光工房が支援している化粧品成分オンライン(https://cosmetic-ingredients.org)の内容も丸写しして「成分の有効性、安全性情報、文献リストも掲載!」とか言い出しかねないな。

化粧品業界って、ビジネス成功のためなら手段を選ばないみたいなマイクロソフトとかソフトバンク風な人が(いないわけじゃないけど)少なくて居心地が良かったんだけど、だんだんそうでもなくなってきたのかな。悲しい。