大切なものをけがされた気がする

Cosmetic-Info.jp という化粧品成分・原料・処方に関する情報提供サイトをかれこれもう20年以上運営してる。便利に使ってくれている人も多いと思う。

なにかしらのテーマで情報を収集してまとめるってのは誰でも思いつくサービスだから、この20年の間には Cosmetic-Info.jp 以外にもいくつもの化粧品原料を紹介するサイトが生まれてきた。そんな中で Cosmetic-Info.jp がいまも中心的な存在でいられるのは(もちろん最初だったということもあるけど)地道な情報収集の継続と、集めた情報をどうまとめるかという思想、それを具現化する使いやすいシステムの構築の結果だったと思ってる。

いくらシステムが優れていても載っている情報の質が悪ければダメだし、いくら質の良い情報を集めてもなんの思想もなくただ漫然と書き写すだけのサイトなら必要ないし、載っている情報がすごく良くても使いにくいシステムではダメだし。Cosmetic-Info.jp はその3つが他よりもちょっとだけ良かったんだろうなと自画自賛。

んで、最近、化粧品の成分や原料の情報を収集してまとめますっていうサイトが誕生したんで見てきた。

・・・・・・・・・なんだろう、うーん、ガッカリした。過去20年見てきた Cosmetic-Info.jp っぽいサイトの中で最大級にガッカリした。継続も思想も構築もない。「なんか便利そうなサイト作ったオレスゲー」的な小手先感丸出しの、ガッカリすると同時になんかものすごい不快な感覚がフツフツとわいてくる。

たとえば「ヤシ脂肪酸」という表示名称についての情報提供画面を見てほしい。まずはCosmetic-Info.jpの画面から。

Cosmetic-Info.jp

次が、最近誕生した化粧品成分・原料の情報提供サイト

新登場の化粧品成分・原料の情報提供サイト

見た目の雰囲気が似てるのはまあいい。扱っている情報が同じなんだから見やすさを追求すれば自ずと似たような見た目になるってのはわからんでもない。まあそれにしても似すぎだろうとは思うけど。問題は中身、書かれている情報そのもの。

たとえば「定義」のところ。粧工連は、すでに存在する表示名称が定義中に含まれる場合はその表示名称に(*)という印を付けている。粧工連の元ネタはここまで。で、Cosmetic-Info.jp ではこういう場合にはその表示名称を抜き出して『参照表示名称:[XXXX]』というその表示名称とそのページへのリンクを定義の末尾に追加してわかりやすく作り変えている。このサイトには Cosmetic-Info.jp が独自に書き加えている部分も含めて丸っと転記されている。思想がない。悲しい。

Cosmetic-Info.jpは定義中に現れる既存の表示名称にはその表示名称のページへのリンクを付け加えている。
新しいサイトはただ文字を書き写しただけなので、参照表示名称が意味をなしてない。

これってさ、[ヤシ油] って部分がヤシ油のページへのリンクになっているから意味があるんであって、単に『参照表示名称:[ヤシ油]』っていう文字だけコピペしても、それは定義中の『ヤシ油(*)』を『参照表示名称:[ヤシ油]』に書き換えてるだけで何の役にも立たない無駄な情報。私が使いやすさを考えて作った独自の表示方法を、その情報の意味を考えもせず書き写しただけだから、無意味な文字列に成り下がってる。成分に対する愛が感じられない。どうせ丸写しするならリンク機能もちゃんとマネすりゃいいのに、中途半端なことされて、なおさら悲しい。

たとえば「中文名称」のところ。どの表示名称とどの中文名称を紐づけるのが正解なのかってのが微妙な問題をはらんでいて解釈がいろいろある。名称同士の関係性に正解がないから困ってる。Cosmetic-Info.jp は Cosmetic-Info.jp としての解釈で表示名称に対する中文名称の紐付けを行っている。それが丸写し。俺の解釈とあんたの解釈は同じなのか?あんたにはあんたなりの解釈はないのか?悲しい。

(2010)のカッコは半角、(2015)のカッコは全角、2021の情報は今精査中でまだ載せてないのがCosmetic-Info.jp
カッコの全角・半角がそのまんま、2021の情報が載ってないのも同じ

しかも、Cosmetic-Info.jp では、元ネタの『国際化粧品原料標準中文名称目録(2010)』の(2010)は数字を半角カッコで括っていて『已使用化妆品原料名称目录(2015版)』の(2015)の版という文字付きで全角カッコで括っていて、已使用化妆品原料名称目录(2021)は情報の精査が終わってないので未掲載なのまで同じ。すごい悲しい。

なぜか必要な改行やスペースを取り除いているので情報が変になってる

そして、がっつり丸写しかと思えば、なぜか定義と中文名称とCAS RN®の情報からは改行とスペースを取り除くという意味不明な加工をしているから、Salvia officenalis が Salviaofficenalis になって単語の区切りがなくなってるし、目録版中文名称と既存使用中文名称がつながっていて読みにくいし、CAS RN®に至っては、8022-56-8 と 84082-79-1 がつながっていてもはや情報として無価値どころか誤情報に生まれ変わってしまっている。成分に対する愛がまったく感じられない。どうせ丸写しするなら改行やスペースもちゃんとマネすりゃいいのに、中途半端なことされて、とんでもなく悲しい。

2つのサイトの備考欄の比較(上:Cosmetic-Info.jp / 下:悲しいサイト)

たとえば「備考」のところ。20年にわたって収集し続けている表示名称に関するさまざまな情報を、私の解釈を交えて私の言葉で書き貯めている。いろんな通知が出たり、表示名称とINCIの関係性に解釈の問題が生じたとき、その他もろもろ集めたいろんな情報を自分なりに整理してわかりやすく記録し続けてきた。これも丸写し。このサイト今年できたばっかりなのに「(2014.6.15現在)」とかタイムスタンプまで丸写し。20年以上にわたる私の努力をなんだと思ってるんだろう。悲しい。

そしてなにより超絶最大級に悲しいのが↓コレ

Cosmetic-Info.jpは、ところどころに小ネタをはさんで楽しんでる。
おれの密かな楽しみまで奪いやがった

昔からところどころにクスッと笑える小ネタを書いてひとりでニンマリ楽しんでるんだけどさ、これもそのまんま丸写し。ここまで丸写しするなよ。おれの密かな楽しみを踏みにじられたのが何より最大級に悲しい。超絶悲しい。

なんだろう、このサイト作った人って技術屋としての自負とか矜持みたいなものはないんだろうか。

5年くらい前だったかな、さまざまな情報を一定のテーマに沿って収集・再構成して掲載する「まとめサイト」が流行してた。「キュレーションメディア」とかカッコいい名前で呼んでたけど。あの当時、医療系情報をかき集めてた「WELQ」ってサイトが、真偽も定かでない情報をなんの思想もなくただただかき集めて掲載してて、無断転載だとか嘘情報だとかで大問題になって閉鎖になった。あれと変わらないな。

情報に対する「愛」が感じられない。情報をカネを生み出すための道具としてしか見てないのかな。情報そのものが何を意味していて何を伝えてくれるものでどう受け止めるものなのか、そしてそれをどう伝えたらいいのか、そういった「情報を愛でる心」が欠落してるんだと思う。Cosmetic-Info.jp の情報を抜き出すプログラムを組んで自動的に自分のサイトにデータを取り込んだだけなんだろうな。取り込んだデータ全部を穴が開くまで見て、おかしなところや自分の思想にあわない解釈とか変えようとかって思わないんだろうか。

このぶんだと、久光工房が支援している化粧品成分オンライン(https://cosmetic-ingredients.org)の内容も丸写しして「成分の有効性、安全性情報、文献リストも掲載!」とか言い出しかねないな。

化粧品業界って、ビジネス成功のためなら手段を選ばないみたいなマイクロソフトとかソフトバンク風な人が(いないわけじゃないけど)少なくて居心地が良かったんだけど、だんだんそうでもなくなってきたのかな。悲しい。

Cosme-Design.jp

【化粧品 薬事チェックツール】薬事広告表現チェックの一次スクリーニング用にいろいろなオンラインツールがでてますよね。実は、久光工房も6年ほど前からやってたんですよ、地味に。いままで黙って地味に改良をしながらステルス営業してましたが『薬事チェックサービスやってます』って言っても笑われない程度にはなったんじゃないかと思う、今日この頃ごろごろゴロニャーン。ということでようやくちゃんと宣伝することにしました。

私は化粧品会社の研究所にいたころに、その当時は薬事部のような独立した部署がなかったんで、処方チェックみたいなことはやってたけど、届出や申請書類を書いたことはないし、ましてやマーケ方面の広告表現チェックなんかはまったく経験がないんで、薬事チェックツールはぼくがやる仕事じゃないなあと思ってたのが2014年まで。それがね、化粧品会社でバリバリの薬事の仕事してる人と飲んでてさ・・・・・あー『誰かと飲んでて・・・』っていう表現がなんか時代を感じるというかコロナのせいでこの2年近く誰かと飲んだっていう経験が激減してるのを実感するわ。去年の夏も今年の夏もビアガーデンに行かずに終わるのか。くそーっ、誰かと酒飲みてええええ。わたしのこの人生50年の中で面白い仕事のアイディアが出たのってたいてい誰かと飲んでて飲んだ勢いでなんか始まってたってことが多くて。誰かと飲まないとこのまま何のアイディアも浮かばずにガンプラ作って人生終了してしまいそうだ!!

閑話休題。でね、その人が言うには薬事の仕事には詳しい人がやらなくてもできる段階と、最後は文脈とか人が判断しなきゃいけない段階があって、人がやらなくても機械的に処理できる一次スクリーニングはEXCELとか使ってパパッと済ませてるっていうのよ。まあ、そうでもしないと大量のチェック業務を一人や二人でさばききれないわな。

んで、自分たちがやってる機械的に処理してる段階の仕事は、それをシステム化したら薬事専属の人がいない小さな化粧品会社の人にも便利に使ってもらえるんじゃないかなあ、って言うからさ、酔った勢いで「ぼくは薬事業務の実務経験がないけどなんとなく仕事の流れ程度はわかる。あんたのやってるそのほぼ機械的にできる段階の仕事ってのを詳しく説明してくれればそれをシステムにしてみんなに使ってもらうことはできると思う」とかなんとか言ったような言わなかったような。もう7年も前の話なのですっかり記憶の彼方。まあ、たぶん言ったんだと思う、記憶ないけど。

そこからだ。その人とその部下と私の三人四脚で、薬事チェックツール作ったのは。

メインになるのはもちろん広告表現チェック。やるのは「単語」チェックまで。文脈の解釈もしようかどうか迷ったけど面倒くさいからやめた。どこまで精度を上げてもどうせ最後の人力チェックはなくならないだろうし。その代わり、薬事の人が思いついたちょっと面白い「指標」を導入することにした。薬事の人はね、気になる広告表現を片っ端から何年間もEXCELに書き溜めてたのよ。その数なんと18,000商品。その長年のたゆまぬ努力の成果を利用してだな、その単語が過去のさまざまな広告媒体で使われた形跡がどの程度あるのかを数値指標にして出すの。実際にどの程度使われたことがあるのかがわかると、超ヤバい単語なのか、やりようによっては実は使えないこともない単語なのか、雰囲気がつかめる。しかも、実際にどんな使われ方をしたのか広告文面のほぼ全文も読める。ぼくはなんかすごい人の手伝いをしてるんじゃないかという気がしてきたよ。飲み会万歳!!超絶万歳!!酒飲みてーっ

2015年にCosme-Design.jpというサービス名で開始。その後も、飲み会をするたびに薬事の人がいろいろアイディアを持ってくるんで、おもしろそうなものは片っ端からシステム化。

Cosmetic-Info.jpのデータを連動させた全成分表示リストチェックとか。成分名の誤字脱字って多いんだよね。「水酸化AI」とか「(ベへン酸/エイコサンニ酸)グリセリル」とか「1,2-へキサンジオ-ル」とかね(これ、誤字が5個あるけどわかる?)。Cosmetic-Info.jpで把握していない表示名称はもしかして誤字脱字なんじゃないの?っていうチェックね。せっかくなんだからCosmetic-Info.jpも活用しないとね。

それから、薬事の人が収集してきた過去の通知や通達のリストとか。ほとんどが本家粧工連のサイトに行けば見れる情報ではあるけど、さっとタイトル一覧から関係ありそうな通知を見ることができるんでちょっとだけ使いやすい。

さらに薬事の豆知識とか。薬事の人の知識を惜しみなく披露してくれる、これはとても勉強になる豆知識一覧。わたしのバイブル。

それから、マーケの人がときどきやらかしてしまう二重価格の事前チェックツールも作ったし、食薬区分の情報も調べられるようにしたし。

最近だと、Cosmetic-Info.jpであまり閲覧されてない美容成分ランキングという、マーケティング的な穴場成分探しのサービスも追加したよ。

法定表示チェックシートなるものも途中まで作ったんだけど、これは未完成。

いろいろ作ったなぁ。ほんと作ったねぇ。作って作って作りまくったなぁ。で、これ使うのなんぼなの?

ということで

光コラボの営業がしつこい

自宅も会社もNTT東日本が敷設してくれた光ファイバーを使ってインターネットを利用してるんだ。

インターネットを利用するには、何かしらの「線」を用意してくれる回線事業者と、その回線を使って「インターネット接続仲介」を提供するプロバイダーの2つの契約が必要。NTTがプロバイダー事業もやるとNTTの一人勝ちになってしまうので、NTTはプロバイダー事業をやってはいけないことになってるらしい。電気で言うところの「発送電分離」みたいな感じかな。

わたしは、ピーヒャラヒャラガーガーというアナログ電話回線の時代からもう30年近くずっと回線事業者はNTT東日本、プロバイダー事業者はASAHIネット。これで何の問題もなく生きてきた。

回線事業は完全に縁の下の力持ち。営業費や広告費をバンバン投入できるほど利益が出るわけでもない。そこで、NTT東日本は営業費用を削減するためなのか(たぶんそうだと思う)、回線の営業をプロバイダーにやってもらうことを思いついた。それが「光コラボ」。プロバイダーが自社のサービスとNTT光回線をセットで販売する。NTT東日本は自社で営業する必要がなくなって経費が浮く分の一部を営業してくれているプロバイダーに還元する。プロバイダーはNTTの回線とセットで売ることで利用者からのサービス利用料に加えてNTTからのキックバックも手に入ってもうかる。プロバイダーはもうけの一部をプロバイダーと回線のセット割引という形で利用者にも還元する。NTT東日本は営業費削減、プロバイダーはセット売りで利益増、利用者はセット割でお得。みんな幸せ、それが「光コラボ」の・・・・理想的な形・・・・理想的な・・・・形。

理想と現実は違うんだよね。

光コラボの営業マンが「NTTフレッツ光がお安くなるサービスがですぅ〜」って言うほど安くはならない。戸建てタイプで月額6,270円のフレッツ光回線利用料が1,000円以上安くなりますよぉ〜って話なんだけどね。実際にはNTT東日本との直接契約にもいろいろ割引サービスがあるんで変わらないのよ。

NTT東日本とフレッツ光を直接契約する場合、2年しばりで契約すれば戸建てタイプで月々770円割引になる。そして2021年8月時点でギガ・スマート割引というキャンペーンを使えば契約から24ヶ月はさらに412円割引がつく。

2021年8月現在のNTT東日本との直接契約の料金体系

もうこれだけで光コラボする意味がだいぶ薄れるんだけど、さらにNTT東日本と直接契約ならフレッツ光メンバーズクラブというポイントサービスがあって、2年しばりで契約してると契約年数に応じて毎月ポイントが付く。1年目なら毎月100ポイント、2年目は毎月200ポイント・・・5年目は毎月500ポイント。うちはもう20年近くフレッツ光なので最大の毎月500ポイントが勝手についてくる。さらに2年しばりの更新時に1000ポイント。24ヶ月ごとに1000ポイントってことは毎月に換算すると40ポイントってことになる。そしてこのポイントは1ポイント1円でNTTの支払いに利用できる(1ポイント1円でアマゾンギフトや楽天ポイントへの交換もある)。

2021年8月現在のフレッツ光メンバーズクラブのポイントサービス

つ・ま・り・だ。

2年縛りで月額770円引き。さらにフレッツ光メンバーズクラブのポイントでうちは毎月540ポイント付くのでこれをNTTの支払いに回せば実質月額540円引き。合計で毎月1,310円の値引きになってる。我が家のように長年フレッツ光を使ってる人も、今からフレッツ光使う人も光コラボを使わなくてもNTT東日本との直接契約で2年縛りにしておけばそれだけで十分安くなる。

光コラボのもうひとつのメリットは「NTTへの回線利用料の支払いとプロバイダーへのサービス利用料の支払いをひとまとめにできます」ってことなんだけど、どうせどっちもクレジットカードで毎月勝手に引き落とされてるからまとめなくてもまったく不便はない。

光コラボにはメリットがないどころかデメリットもある。多くのプロバイダーはインターネット接続仲介以外にいろいろ追加サービスを用意している。いまではYahoo!メールやGmailなどプロバイダーに頼らなくても無料で利用できるメールサービスはあるけど、Googleが世界を席巻する以前からインターネットを利用している人だとexample@ocn.ne.jpとかexample@biglobe.ne.jpとかプロバイダーが提供するメールサービスをいまも利用している人も多いはず。現在のプロバイダーとは別のプロバイダーと光コラボ契約をすると、当然ながらプロバイダーが変わる。現在のプロバイダーとの契約を終了すると現在のプロバイダーが用意してくれてたメールサービスも使えなくなる。かく言う私も、30年ほど前にインターネットを使い始めたときにプロバイダーが用意してくれたメールアドレスをいまだにメインアドレスとして使い続けているんでいまさらASAHIネットからプロバイダーを変更する気はもともとない。光コラボの営業マンはそんなときに「大丈夫ですよ。ほとんどのプロバイダーさんは月数百円のメールだけのサービスがあるのでそれに契約を切り替えればいいんです。このサービスで月額1,000円以上お得になるので数百円の契約を残しておいてもまだ十分お安くなりますぅ〜」とか言う。ヲイヲイ、それならいまのままNTTとの直接契約でポイント還元使った方が全然安くなるじゃんよ、というツッコミをしても無駄だ。相手の営業マンはNTTの2年縛り割引やポイントサービスのことはガン無視してるんで何を言っても「お安くなります。お得になります」の一点張り。

そういうわけで、我が家にとって光コラボはまったくもって不要なサービスだし、たぶんほとんどの人にとっても不要なサービスだと思うんだが、いや、そうであるがゆえか、いかにもNTTからの電話であるかのように「現在ご利用のフレッツ光の変更に関するご案内です」だの「NTTからの新しいサービスでお安く」とかいかにもNTTからの電話であるかのように偽装したあの手この手で営業の電話をかけてくる。ホント勘弁してくれ。30年間、回線はNTT東日本、プロバイダーはASAHIネットでやってきたんで、いまさら安くなるんだかならないんだか微妙なレベルのサービスに切り替える気はこれっぽっちもないんだ。最近は電話で「・・・NTTのフレ・・・」まで聞こえたら「光コラボにはまったく興味がないので不要です。お電話ありがとうございました」で終了。それでもよく電話かかってくるんだよなあ。あれ、どうにかしてほしいんだが、困ったもんだ。