どうやって食べるのが一番美味しいのか

フレンチトースト大好き。卵と牛乳を染み込ませてフライパンで焼いて、砂糖かけて、甘くて美味しいフレンチトースト。みんな大好きフレンチトースト。

『冷やして食べるデニッシュフレンチトースト(メープル)』

コンビニにあったんで買っちゃった。

ここはまず、デニッシュなのか?トーストなのか?という軽いツッコミをつぶやくのが礼儀ってもんだ。で、どっちなんだ?デニッシュ生地なんだから、デニッシュなんだろうな。じゃあトースト要素はどこにあるんだ?

「フレンチデニッシュ」でいいんじゃないのか?でもフレンチデニッシュだったらフレンチトースト好き好きの俺は買わなかっただろうな。フレンチトースト大好き!

ふーん「冷やして食べる」のか。ますますフレンチトーストじゃなくなっていくな。これをフレンチトーストと呼んでいいのだろうか。いや、そう呼ぶのは勝手だ。要はフレンチトーストが好きな俺がただ単に「フレンチトースト」という文字があるからといってフレンチトースト要素がほとんどないこのフレンチトーストをわざわざ金出して買って食べるのか?ということだ。俺自身のフレンチトーストに対する覚悟のほどを問うているのだよ、この商品は。

まあ、それほどの哲学も愛も覚悟もないんで、何も考えずに買ったけどね。

菓子パンの棚じゃなく、デザートやケーキ類といっしょに冷蔵棚に置いてあった。冷蔵棚で冷やして売ってるからすぐに食べられる「冷やして食べるデニッシュフレンチトースト」。

冷蔵棚で冷やして売るなんて、お客サービスが徹底してるじゃないか「冷やして食べるデニッシュフレンチトースト」。

みんな大好き「冷やして食べるデニッシュフレンチトースト」。

って、ヲイ!

「温めてもおいしい」じゃなく「温めてさらにおいしい!」とか、この俺にどうしろっていうんだ、このパンは。

絵画自慢

第2教室「こだち」も、気がつけば7年が経った。7年経ったけど開室当時と今とで部屋のレイアウトはほとんど変わってない。

間違い探しレベルで何も変わってない。

  • 飾っている花が開室祝いにいただいた生花から造花に変わった
  • 背もたれ付きのピアノ椅子を追加
  • 教室利用スケジュールのホワイトボードを追加
  • 空気清浄機を追加
  • ロボット掃除機を追加

教室運営機材の追加がほとんどで、インテリアはほぼ開室当初のまま。せっかく芸術の部屋なんだから絵画を飾りたいなと考えてはいたんだよ。

絵を飾るにしてもずっと同じ絵じゃつまらないから、契約するとイメージにあった絵を毎月とか定期的に取り替えてくれる「絵画レンタルサービス」がいいなと思ってときどき下調べしてた。でもなかなかピンとくるサービスがなくてね。オフセット印刷の複製画(もちろん額縁も付いて)を毎月送ってくれるサービスで月額6,000円くらい。うーん、どうしようかなぁ、と悩み続けて結局ずっとそのまんまに。

んでようやっと、これいいかもと思えるものが見つかったので絵を飾ることにした。

有名なフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」。絵画に詳しくないわたしでも知ってるわかりやすい1枚。わかりやすいの、最高!

絵を1枚飾るだけでグッと教室が芸術っぽくなっていい感じ。防音壁に穴を開けるのは気が進まないので、イーゼルを買ってそれに立てかけることにした。イーゼルを使うと場所を取ってしまうけど、広い教室なので悪目立ちすることもなく違和感なく収まってくれた。

あら? あら? あららららら・・・・・? こんなに買ったの? 実は「液晶ディスプレイ」です。

えきしょうです、ぷれい? それどんなプレイ?
えきしょうで、すぷれい? それどんなスプレー?

そう、そうなんです、ここからが今日の本題。

絵画なんてちっとも興味ないはずのアンタが、絵画とか言い始めた時点でなんかおかしいとは思ったのよね。こんなこったろうと思ったわよ・・・ブツブツブツ・・・

とカミさんが言ったとか言わないとか。そう、それが、ITガジェット好きにはたまらない褒め言葉。カモーン、蔑みの褒め言葉。

いやぁ、前振り長かったなぁ。

本日の自慢のお品は、好きな絵や写真を表示できるスマートアートキャンバス「Meural Canvas II」というデジタル額縁。「ちっ、お前のデジタル小物自慢は読むに堪えない」という方はここで終了。「ほへ?なに、なに、これ」という方は読み進んでくれ。

表面アンチグレア(非光沢)処理の21インチフルハイビジョン液晶ディスプレイ。テカテカしてないからガラス張りの額縁よりもしっかり見える。視野角もかなり広いIPS液晶なので斜めから見てもちゃんと絵にみえる。

液晶ディスプレイだからバックライト光源で光っているんだけど、アンチグレア処理と光源強度の調整が上手なおかげで一般的な明るさの部屋なら「ん?これ、もしかして光ってる?」という程度に調整できて、しかも21インチサイズでフルハイビジョンというそこそこ高解像度なのでかなり近づかないとピクセル(ディスプレイの表示点)もわからない。

老眼が進んだオレの眼球では、ちょっと離れてしまえばもはやオフセット印刷の複製画と区別できない。

好きな絵や写真の画像を本体に保存して表示させる。保存容量は4GBで、フルハイビジョンサイズのJPG画像だとだいたい3000枚くらいの画像ファイルを保存できる。さらにSDカードも挿せるので保存できる画像の枚数は実質無制限。

好きな画像や写真を表示できるということは・・・・こんな名画も表示できる。自分で作ったプラモデルの写真。

MG サザビー ver.Ka

このスマート額縁を買って最高に良かったと思った瞬間。我ながらいい買い物だったと納得しきり。ガンプラ作りにいっそう精が出る。作る時間ないけど(涙)。ガンプラ最高!!!

額縁のすき間部分にモーションセンサーがあって、各種設定や絵の切り替えなどが画面に触れることなく操作できる(もちろんスマホアプリでも操作できる)。

画像には「題名」「作者」「解説」などをセットしておけて、モーションセンサーを使ってこれを表示したり消したりできる。「この絵ってなんだっけかなあ」と思ったら額縁の前で手をスゥーっと上へ動かすと解説が表示され、手を下へ動かすと消える。スマート額縁ならではのオシャレ機能付き。

画像の縦長・横長の自動判別機能も付いているので、額縁の向きによって絵の選択肢も変わる。

購入時に、古典から現代アートまで20点ほどの作品がインストール済み。さらにユーザー登録すると公式サイト(https://my.meural.netgear.com)から70点ほどの作品が無料ダウンロードできる。さらにさらに3万点以上の作品が購入できるようになってる。この有料作品は気に入った絵を単品で購入してもいいけど、年間8,400円の有料会員になれば3万点以上の全作品を自由にダウンロードできる。

とにかく気軽にいろんな絵をみたい人には年間8,400円も安いもんだろうけど、おれはまあそこまで絵画に入れ込んでるわけじゃないので、プリインストールと無料会員の追加ダウンロードで合計100作品もありゃ十分。

それもそうだけど、自分で好きな画像や写真を表示できるので、作者の死後50年以上が経過して著作権が切れている作品なら、ネットで公開されているものが多くあるのでそれを持ってきてもいい。たとえばこんな感じでクラシック音楽作曲家の肖像を集めてくるとか。

保存している画像はスマホやパソコンで「古典西洋画」「日本画」「ガンプラ」「クラシック作曲家」とか好きな名前のプレイリストを作ってグループ化しておける。さらに管理画面には、曜日や時間ごとにどのプレイリストを再生するのかといったスケジュール機能、プレイリスト内の画像を何秒ごとに変更するのか、順番に表示するのかランダムに選んで表示するのかなどなど、いろいろ設定できる。

ガンプラ最高!!!

単に写真を表示するだけじゃなくて、ちょっとした写真加工ソフトで加工した画像を入れればグッと絵画っぽくなる。

CAS No.じゃなくてCAS RN®、そして有料よ

化学物質を分類整理するのに世界的によく使われているのがCAS RN®。Chemical Abstracts Service の頭文字。アメリカの化学者の学会「米国化学会」が論文や雑誌などの化学関連文献を調べやすくするために作り始めた番号。作り始めたのは1907年というからもう100年以上の歴史がある。いまでは「化学物質」と聞けば「CAS番号は?」とそこらじゅうで使われている。

一般的には「CAS No.」とか「CAS番号」とか言われてるけど、化学情報協会によると、これらは間違いで、正式表記は

  • CAS Registry Number™
  • CAS RN®
  • CAS 登録番号 (CAS RN®)

の3種類だそうです。®が付いていることからわかるとおり CAS RN は登録商標です。商標は大事ですね。とくに登録商標ともなると相当その呼び名に誇りがあるんでしょうからテキトーな呼び方をしては失礼ですね。気をつけましょう。

さて、同じく化学情報協会の資料によると、現在は 1.5秒に 1つのペースで CAS RN® が登録されているとのこと。すげー数。ここまでくるとそんな大量の申請をさばくのも、登録されているCAS RN®の重複整理や管理も、かなりお金のかかる仕事になってるらしい。

んなもんで、2017年から『CAS登録番号(CAS RN®)ライセンスプログラム』っちゅうのが始まってる。これ、平たく言うと『CAS有料化』です。CAS RN® を使うならライセンスプログラムに参加してライセンス料を払ってからねってことです。

をををををををををえをを??????!!!!!!!!

『SDS や医薬品添付文書、グリーン購入に関する文書中でのみ CAS RN® を掲載』する場合および『外部公開されておらず社内での使用に限られている』場合を除き『Webや紙媒体、データベースなどで CAS RN® を提供している場合は、ライセンスプログラムへの参加が必要』です。たとえば、カタログやWebサイトで CAS RN® を記載するならライセンスプログラムに参加してライセンス料を払う必要があるんですよ。

あ、そこのあなた、いま「え、やべぇ」と思うと同時に脳みその内側の大脳辺縁系あたりでフツフツと沸いてる何かが湧いて出てきましたか?初めて気づいた時はわたしは軽く沸いたものが湧いて出てきましたね。まあ、沸いたところでなにがどうなるわけじゃないし、単なる数字の羅列とはいえ、あんな膨大な数の情報を管理するには相当な労力を必要とするだろうことは容易に想像つくし、Cosmetic-Info.jpは CAS RN® を提供してますんでね、CAS RN® を管理している方々の日頃からのたゆまぬ努力に敬意を表しておとなしくライセンスプログラムに参加して毎年ン十万円お支払いしてますよ。

でもさ、化粧品の成分情報に CAS RN® って必要? もうさ「化学物質っぽいからCASね」とか条件反射みたいな仕事やめない? あれ、なくても困らないでしょ? だってさ、CAS RN® は光学異性体とか分子量とかちょっとした違いにも別々の番号を振って管理してるけど化粧品成分だと区別せずざっくりと名前つけてるから書いてある CAS RN® が本当にその成分の構造を正しく表してるのかどうかなんて調べようがないものも多いし、だからなんとなく番号が合ってれば異性体だの分子量だの細かいことまでは気にしてないでしょ? しかも化粧品成分って天然物もあるからそもそも CAS RN® の登録対象外の成分だってある。それに重複が見つかったりしていつの間にか抹消されてる CAS RN® もあるし。そういう「たぶん合ってる」程度でOKだったり、CAS RN® がない成分があってもOKだったり、古い CAS RN® が使われててもOKだったり、そんなんで仕事がちゃんと回ってるんだから、その程度の情報なら全部なくていいじゃんよ、とか思わない? 表示名称の成分番号とかINCIのMonograph IDの方がよっぽど現実に沿った整理番号だと思う。

ねえ、誰か業界の世界的にエライ人がさ「CAS RN® があるかないかは化粧品の成分であるか否かとは無関係だし、どうせだいたい合ってりゃいい程度の情報でしかないんだから、もう化粧品の成分情報に CAS RN® はいらないよ。CAS RN® を書けとか言う奴がいても無視してオーケー」とか言ってくんないかな。CAS RN® なんて書類受け取った人が「チェックした実感が得られる、仕事した気分になれる」程度の意味しかないんじゃない?

あ、いや、ライセンスプログラムの費用が高いなあとかいう個人的な不満が理由じゃないですよ、決して、ええ、決してそんなことは、わたしは業界の健全な将来のアレをアレしてアレだから・・・・ていうか高いよ!高い! ガンプラ何個買えると思ってんだ。ガンプラ作るヒマないけど。ああ、ガンプラ作りてえぇぇぇぇぇ。化粧品業界から CAS RN® が消えたらガンプラ作る時間がとれるかなぁ、とれねえだろうなぁ。じゃあ CAS RN® あってもいいや。うん、前言撤回 CAS RN® 万歳。