「未分類」カテゴリーアーカイブ

Goodbye SAM.

こんにちは、サム。

サムと出会ったのはもう30年ほど前だろうか。初めてパソコンを買った時にインストールした。そう、Symantec AntiVirus for the Macintosh、通称 SAM。ウイルス対策ソフトです。なんだよ、パソコンソフトの話かよ。あ、たまに「ウイルスソフトってインストールした方がいいですかね?」って聞かれることあるんですが、ウイルスソフトは危険なのでインストールしちゃいけません。インストールするならウイルス対策ソフトの方がいいですよ。

いじわるぅ

生まれて初めて買ったパソコンは Macintosh IIcx。定価100万円以上もした高額なパソコン。モデルチェンジでの在庫処分で約60万円で買った。それでも当時の金額で60万円だから・・・大学院生だったからそんなにお金もないし、48回ローンで。

あの当時のウイルスなんて数は少ないしかわいいもんで今みたいに致命的なものはなかったし、インターネットなんて一般人はまだ知らない時代だから感染ルートも極めて限定的で、しかも Macintosh なんて今以上にマイナーな存在だったからウイルスっていうのがあるんだなぁくらいの時代。

しかも不正コピーが不正だと思われてなかったあの当時のことだから、最初はちゃんと買ったのかどうか怪しいが、とにかく先輩がインストールしとけって言うのでなんとなく SAM をインストールしたのだけは覚えてる。当時は Macintosh 用のウイルス対策ソフトって SAM くらいしかなかったし。それ以来、バージョンアップのたびに買い替えながらずっと、Macintosh が Mac と名を変えてもずっと、シマンテックアンチウイルスがノートンアンチウイルスに名を変えてもずっと、ずっと、ずっーと僕のパソコンに常駐してた。Symantec ラブ。数年前に会社が他人を雇うようになってからは個人向けウイルス対策ソフトでは台数が足りなくなったので、法人向けの一括管理型 Symantec Endpoint Protection Small Business Edition (SEP)に変えた。一括管理といっても Mac は管理対象外なのでインストールするのはノートンアンチウイルス。そう、どこまでいっても Symantec ラブ。

そんなサムとお別れする日が来るとは。

♪さようならサム、Goodbye SAM.♪

♪川沿い、リバーサイド♪ みたいな感じ?どうでもいいけど。

どうしたの、サム

何があったかって言うとさ、去年ね、シマンテック社がシマンテックというブランド名で展開している法人向け事業をブロードコム社へ売却すると発表したのね。ノートンというブランド名で展開している個人向け事業はシマンテック社に残ったけどシマンテック社はノートンライフテックって社名に変わった(ややこしい)。カネボウがカネボウブランドを花王に売却してカネボウはクラシエになった、みたいな?違うか。まあいいや。事業売却が決まったからと言って即日どうなるわけじゃなくて、半年ほどの準備期間を経て正式に事業移管されるみたいなスケジュール感なんだけど。

でもね、事業売却にともなってブロードコム社は SEP サービスの内容を変更しますっていうのよ。まあそういうこともあるわな。ただ、どんなサービス内容になるかは検討中で決まり次第発表するって言うのよ。このあたりからなんか雲行き怪しい気配がしてきた。

詳細が決まるまで、SEP の新規加入やライセンス追加は中止。それどころか年次更新も受付停止になった。とっとと SEP の新サービスの内容と費用を決めて受付再開してもらわないと契約更新したくてもできないってのは困るんだよね。日本の販売代理店にも本国の状況がまったく伝わってこないらしくちょっと待ってて、まだ待ってて、もう少し待ってて、みたいなことしか言わない。

そんな中、ブロードコム社は、なんとなんと買収したばかりのシマンテック事業の一部(サイバーセキュリティ事業)をアクセンチュア社へ売却すると発表!!

・・・・・?・・・?・・・・・・??・・・・・・・はあぁぁあぁ?!

もうだめかも、サム

買収発表の数ヶ月後にもう一部売却?・・・・転売っていうんじゃないのか、それって。もう、シマンテックのセキュリティ事業は切り刻まれてバラバラ。そしてあいかわらず日本の販売代理店は置いてけぼりで、わたしたちもどうなってんのかさっぱりわかりません状態。これは本格的にマズいかも。

いままで30年間なにも考えずにシマンテックを使ってきたので、変えるとなっても何がどうなのかさっぱり。会社は MacOS をメインマシンとして各自が仮想環境で WindowsOS も持っていて、それ以外に開発用の仮想環境に載せてる Windows Server OS が数機。管理台数はこれからも増えるだろうし、そうなると選択肢は、kaspersky、McAfee、ESET あたりになるんだろうけど。

もうだめだよ、サム

このまま SEP の新サービスを待つか、他社へ乗り換えるか、どうしたものか逡巡してた6月16日、シマンテックビジネスストアを運営している日本の販売代理店から一通のメールが届いた。

内容は、待ちに待った SEP 後継製品のご案内・・・・なんだけど、どんなサービス内容になるのか何も書いてない。後継製品のお見積もりをしますっていうだけ。おいおい、やる気あんのか? 新サービスの内容がわからないんじゃ見積もりしてもしょうがないじゃん。しかも注意事項として

・納品メールが意図しない宛先に送付される可能性があります。
(・・中略・・)
・納品メールに記載されている契約情報(会社名、住所、メールアドレス、型番など)に不備がある可能性があります。
※意図しない情報であってもご容赦くださいますようお願いいたします。

ちょ、ちょっと待ってくれ。セキュリティソフトを販売しますっていうご案内でこれはどうなのよ。やる気以前の問題じゃないのか???

最後にはなんとなんとなんとなんと衝撃のご案内

状況鑑みて他メーカー(ESET、マカフィーなど)へのお乗換を推奨させていただきます。

あ、日本の販売代理店もサジ投げちゃった感じなのね。他社への移行をおすすめするってよっぽどだよな。わかりました。

そしてさようなら、サム

ESET に乗り換えました。うえるかむイーーーーーーーセットぅ!!!!!

キャラクターがちょっと怖い

Webベルマーク

前回、ベルマークの話をしたんで、ついでにWebベルマークの話を。

ポイントを集めて学校の教育環境を向上させるいろいろなものをゲットしよう!というのがベルマークのザックリとした内容。詳しくは前回の記事読んでな。

とは言え、購入費用を負担してくれる企業番号ごとにベルマークを整理するのが手間でな。人によっては苦痛でしかないんだわ。前回は、手間がかからず高ポイントがゲットできるプリンターの空カートリッジや、簡単にためられるファミマのおにぎりをおすすめしたわけね。

実はもっと簡単に、しかも高ポイントをゲットできる方法があるのよ。もう、なんだろうね、この「楽して稼ごう」みたいな怪しさ満点のブログ記事。まあ稼ぐって言っても自分が儲かるわけじゃなくて子どもが通ってる学校の教育環境が向上するって話だから社会貢献だよ、社会貢献。さあ、楽してポイント稼ごう!


アフィリエイト」ってあるじゃん。自分のブログやTwitterの投稿に、楽天やamazonの商品を紹介するリンクを入れる。そのリンクを経由して誰かが買い物すると、その購入金額に応じてリンクを出した人に報酬が出るってやつね。通販サイト側からすると、そのブログやTwitter投稿のおかげでお客さんが買い物に来てくれたってことで、広告料みたいなもんだわな。自分のブログやtwitterにこういった広告を出して報酬をゲットする人たちをアフィリエイターと言って、まあ人によってはお小遣い稼ぎになってる人もいるみたい。

んで、Webベルマークはこの「アフィリエイト」を利用した新しいベルマークの形ね。

協会のホームページから通販サイトへ行くだけ

たとえば今からあなたが「楽天」で何か買い物をするとしましょう。いきなり楽天のホームページを開くのではなく、まずはWebベルマーク協会のホームページ(https://www.webbellmark.jp)を開いてください。

Webベルマーク協会

Webベルマーク協会のホームページに行くと、いろんな通販サイトのバナー広告がずらりと並んでます(「利用可能なショップをすべて表示する」ボタンをクリックすると全部出てきます)。その中から「楽天」のロゴマークを見つけてクリックしてください。すると楽天のトップページへ移動します。たったこれだけ。

あなたはWebベルマーク協会のホームページにある楽天の広告をクリックしてから楽天へ行ったので、そのままあなたが楽天でお買い物をするとその金額に応じて楽天からWebベルマーク協会に報酬(広告料)が支払われます。Webベルマーク協会はこうして集めたアフィリエイト報酬をベルマーク財団を経由して東日本大震災や西日本豪雨などで被災した小中学校へ寄付してます。

ユーザ登録すると支援する学校を指定できる

Webベルマーク協会のホームページに「マイページ登録」ってのがある。ここでユーザ登録をすると、全国のベルマーク活動に参加している学校の中から好きな学校を一つ選んでその学校のベルマーク口座へポイント加算できる。

マイページ登録で学校を指定していない場合は全額が被災地の学校支援に、学校を指定している場合には所定の割合で被災地の学校支援と指定した学校のベルマークポイントに分けて寄付してくれる(分割比率は利用する通販サイトごとに決まってます)。

自分の出身校を指定してもいいし、子どもが通ってる学校を指定してもいいし、全然縁もゆかりもない学校を指定してもいい。

ネット通販を利用するだけでベルマークポイントは自動的に指定した学校のベルマーク口座に入れてくれるから、わざわざ学校にベルマークを届けに行く必要がない。だから子どもがいない人でも簡単に参加できる。おじいちゃん、おばあちゃん、ネット通販してるなら買い物ついでにお孫さんの通ってる学校にベルマーク寄付しませんか。

これ考えた人、頭いいわ。

すごい高ポイントがゲットできる!

ベルマークが付いてる商品って高額なものが少ないから、1点くらいの商品が多い。ところがWebベルマークのポイントは、ネット通販サイトのアフィリエイト広告料が原資なのでゲットできるポイントがデカい!

たとえば、楽天で1万円の買い物をしたとしよう。購入金額の0.4%が指定した学校のベルマークポイントになるんで、なんと40ポイントがゲットできる。ファミマのおにぎり40個分のベルマークポイントだよ。しかもベルマークをチョキチョキペタペタする手間が一切なし。勝手にその学校のベルマーク口座にポイントが加算されるんだからもう学校のヒーロー確実です。

ちなみに、楽天トラベル、じゃらん、JTBトラベル、近畿日本ツーリスト、日本旅行などなどの旅行代理店も参加してる。家族旅行なら数万円とかすぐかかるじゃん。楽天トラベルなら0.4%分のベルマークポイントって・・・・・・

すげぇ!!

しかも近畿日本ツーリストなんて0.89%がベルマークポイント、0.32%が被災地学校支援だし、旅行予約のエクスペリアにいたってはなんとなんと2.12%がベルマークポイント、0.79%が被災地学校支援という高ポイント率。家族旅行は金額の大きさと高いポイント率で驚きの大ポイントゲットのチャンスです。

さあ、家族旅行で学校のヒーローになろう!会社の出張を自分で手配する人も、これを使えば会社の出張旅費で被災地の学校支援&ベルマークゲットできちゃうぜ。

化粧品もね

そして我らが化粧品業界もWebベルマークに参加している企業があります。資生堂、DHC、イヴ・サンローラン、ザ・ボディショップなどの公式オンラインショップ。それからマツキヨや爽快ドラッグなどのドラッグストアの公式オンラインショップも。そこのお母さん、通販で化粧品買うならついでにWebベルマークゲットですよ。ちなみに私のかつての勤務先のファンケルはちょっと変わっていて、マイルドクレンジングオイルの初回購入でベルマーク678点、被災地の学校支援243円という1回限りのポイントゲットですが、ポイントや支援金額はハンパなく高いので、そこのお母さん、ファンケルのマイルドクレンジングオイルを公式オンラインサイトで買ったことがなければWebベルマーク協会のサイトを経由して1回買っときましょう。

Webベルマークまとめ

  1. Webベルマーク協会のホームページ を開く。
  2. 通販サイトのロゴマークをクリックする。
  3. 買い物をする。

なんとこれだけで、被災地の学校を支援できる。

自分が指定した学校のベルマーク口座へも寄付したいなら

  1. Webベルマーク協会でマイページ登録して、ベルマーク支援の学校を決めておく。
  2. ネット通販で買い物するときはまずWebベルマーク協会のホームページへ行って、マイページにログインする。
  3. それから通販サイトの広告をクリックして通販サイトへ行く。
  4. 買い物をする。

これだけで被災地の学校へ寄付と自分が指定した学校へのベルマークポイント加算が同時にできる。あ、途中でブラウザを終了すると接続が切れてベルマーク加算できないから注意ね。

これ考えた人、頭いいわ。

ベルマーク

「ベルマーク」って知ってる人は多いと思うけど、切って集めて学校へ持っていくやつ。あれ、なんだかよくわからないままやってた人も多いんじゃないかな。ていうか俺もPTA会長やるまでよく知らんかったよ。

ベルマーク集めてベルマーク財団に送ると、その学校のベルマーク口座にポイントがつく。たまったポイントで運動用具とか楽器とかテントとか長机とか時計とか学校教育活動にうれしいいろんなものがもらえる。朝日新聞の発案で始まった活動で、限りある国や自治体の予算ではどうしても後回しにされがちなものを、みんなでポイント集めて手に入れようという学校教育環境向上のための活動。

ちなみに物品の購入費用はベルマークを出してる企業が負担してくれる。ベルマークをよく見ると番号がついてるけど、あれが企業番号。ベルマークを集めて、企業番号ごとに整理してベルマーク財団に送ると、財団が各企業にポイントに相当するお金を請求して各学校のベルマーク口座にプールされる仕組み。

ちなみに、購入できる備品類を提供してくれてるのは、事務用品大手の内田洋行やスポーツ用品大手のミズノ、楽器製造大手のヤマハなど、これらの会社から用意されている品々がベルマークカタログに載っていて、ポイントが貯まったらこの中から欲しいものを選んでゲットするわけよ。

ベルマークを出す(物品購入費を負担する)企業も、ベルマークでゲットできる物品を提供する企業も、社会貢献の一貫っていう位置付けかな。

企業番号ごとに整理するのが大変

ただ、集まったベルマークを企業番号ごとに整理するのがけっこう手間なんだよね。ほとんどの学校がPTA活動のひとつとしてベルマーク活動をやってるんで、PTA会員の仕事なんだわな。ベルマーク整理のついでにママ友のお茶会や、オバチャンの井戸端会議や、オヤジたちの愚痴話でワイワイやりながら、結局どっちが主だったかわかんない時間を過ごせば、まあ楽しいからいいんだけどね。世の中なんでもついでに楽しんじゃえみたいな楽天家ばかりじゃないんで、たった千円ぽっちのために黙々とベルマークを整理して台紙に貼り付けてるのが無駄で苦痛に感じる人もいる。「ベルマーク反対!」と言ってる人の理由のほとんどはこれ。時給換算したら無意味すぎるってな。

まあ最近は少子化で子どもが少ないから必然的に集まるベルマークの枚数も昔ほど多くないんで、おしゃべりついでにチョキチョキペタペタしようぜ、みたいな人が数人いれば年に2、3回集まるだけでできちゃうんだからカーチャンズはお茶会でもしながら、トーチャンズは酒でも飲みながらやればいいのよ。あ、カーチャンズも酒飲みながらやっていいのよ。

でも、楽してポイント稼ぐ方法ないの?

そりゃ誰でも考えるわな。「楽するためならどんな苦労でもする」を座右の銘とするこの私が、「長年のPTA会長経験から得た楽にベルマークポイントを稼ぐ裏技紹介」とかいう怪しいタイトルで記事書こうと思ったんだけど、あまりにも怪しすぎるタイトルなのでやめた。ていうかPTA会長の経験は関係ないし。でも、タイトルはやめたけど、技だけは紹介するよ。技じゃないけどね。

プリンターのインクカートリッジ

ベルマーク集めで効率の良いのがプリンタの空カートリッジ。エプソン、キヤノン、ブラザー製の使用済みインクカートリッジが5点、トナーカートリッジならなんと50点! カートリッジのマークを切り取らずカートリッジのまま専用の袋に入れればいいのでチョキチョキペタペタする手間もかからない。そのくせポイントが高い! 年賀状の季節だと各家庭でインクジェットプリンターでガシガシ印刷するから書き入れ時。ちなみに当然ながらエプソン、キヤノン、ブラザーの「純正」カートリッジじゃなきゃダメよ。さあ、みんな年賀状は純正インクで印刷だ! それから、自営業でレーザープリンタ使ってるそこのお父さん。空トナーカートリッジが結構出るでしょ。それ業者へ回収に出さずにベルマーク活動経由で回収に出したらもう学校のヒーローだよ。整理の手間なしで50点はでかい。さあ、そこのお父さんも純正カートリッジを買って学校のヒーローになろう。

ファミマのおにぎり

それからあまり知られてないけど、ファミリーマートのおにぎりにもベルマークがついてるのよ。普通のおにぎりで1点、ちょっと高めのおにぎりなら1.5点もゲットだ。ほら、昼食をコンビニおにぎりで過ごしてるそこのお父さん、そうあなた、あなたですよ。今日からコンビニおにぎりはファミマよ。んで、フィルムはゴミ箱に入れずに持って帰る。なんだったら会社の同僚でコンビニおにぎり食べてる人たちからフィルム回収したっていいんだぜ。集めたフィルムは家で切り取って茶封筒に入れる(ちゃんと洗えよ)。番号整理の手間を省くためにファミマのおにぎり専用に茶封筒を用意してそのまま提出するとさらに喜ばれる。毎日おにぎり1個で月20ポイントだ。さあ、そこのお父さんもファミマのおにぎり食べて学校のヒーローになろう。