「未分類」カテゴリーアーカイブ

外出時の大容量データ通信

「携帯電話の通信料が高い」「いまより4割は安くできるはずだ」とかなんとか言われてるけど、3大キャリアはさ、基地局建設したり、ショップを維持するのにお金かかるんだからいいじゃん高くても。

キャリアから回線を借りることで施設や設備の建設維持費が少なく、ショップを展開しないから人件費も少ない。そういう格安SIMってのがあるんだからそれでいいと思うんだけどな。

ちなみに我が家はIIJという老舗の格安SIM会社と契約していて、携帯通信費は父(俺)、母(妻)、息子(大1)、娘(高1)の4人で合計月6,000円くらい。ひとり6,000円じゃないよ、家族4人合計で6,000円ね。3大キャリアの半額から1/3くらいかな?少なくとも「4割安くなる」どころのレベルじゃないくらい安く済んでる。

それはさておき、最近データ通信量が増加してきてて、家族4人合計で月12GBでは足りなくなってきた。原因は主に2つ。

  • 息子が大学入学、娘が高校入学でそれぞれYouTube視聴とかSNSポチポチとかLINE通話とかそれなりにおバカな無駄遣いをするようになってきた。
  • 俺が仕事のデータを何でもオンラインストレージ(googleドライブとかiCloudDriveとかOneDriveとかCreativeCloudとか)に保管するようになったため、外出先でノートパソコン立ち上げるとオンラインストレージとの同期通信でドカっとデータ通信してしまうようになった。

特に外出時のノートパソコンとオンラインストレージとの間のデータ通信がかなり影響している。

そこで、ノートパソコン用にデータ通信回線を1つ追加することにしたのよ。

どこの回線を契約するか

IIJの月12GBのデータ通信専用契約(月額2,560円)を追加するのが金額もそこそこ安いし契約追加だけだから手続きも楽チンだなと思ったんだけどさ。でもね、このままの調子でオンラインストレージを活用し続けて、しかも外出が増えていくと、早晩月12GBでも足りなくなるんじゃないかって心配がニョキニョキと。んで、最近の格安SIMデータ通信事情はどうなってんのかなあ?という勉強も兼ねて調べてみたのよ。

そしたら、あーた、なんと、最近のデータ通信専用の格安SIMって月額4,000円前後でなんと100GBのデータ通信ができるのがあんのね。驚いたなあ。4、5年前の俺の知識だと低価格&大容量のデータ通信って「超低速度」ってのが相場だったんだけど、いまは4G LTEの高速通信できちゃうのね。この分野の時代の変化って速すぎるわぁ。

Nomad SIM

ということで、外出時のノートパソコン用に月額4,000円前後で100GBもの大容量データを4G LTEの高速通信で利用できるデータ通信専用格安SIMを用意することにした。いくつかの会社から出てるけど、調べたらどれもソフトバンクから回線を借りている。ソフトバンクってそんなに安く回線を貸し出してんのかな。どの会社にしたところで結局使ってる回線はソフトバンクで同じなのだからつながるエリアに違いはないだろうし、回線速度も4G LTEだから混雑してもそれなりの速度は出てくれるだろう(YouTubeを見ようとかそういう用途じゃないのでそこそこ高速なら問題ない)。値段もほとんど差がない。

どこのサービスも似たり寄ったり(ほとんどサービスらしいサービスがない代わりに安い)で特徴がなく決め手に欠ける。考えても考えても決められない。こういうのはほんとめんどくさい。最後はエイヤっでノマドワークスって会社の「Nomad SIM 100」にした。理由はホームページのデザインがシンプルで上品な感じで好感触をもったから。ただそれだけ。

月額3,600円で100GBまで利用可能。100GBを超えると128kbpsの超低速通信になる。いやさすがに外出時のノートパソコンとオンラインストレージとの同期通信で月間100GB以上のデータ通信することはこの先も数年はないだろうから実質的に4G LTEで使い放題と考えていい。

契約したよ

ホームページでクレジットカードを登録すれば完了。1週間ほどしてSIMカードが到着。SIMフリーのモバイルルーターにSIMカードを挿して、接続設定(APN設定)をすれば完了。

ちなみにソフトバンク回線なのでBand1/3/8の周波数に対応するモバイルルーターを用意しておくとつながりやすいはず。ファーウェイのE5577、富士ソフトのFS030W、NECのMR05LNあたりがいい感じ。なんでかわかんないけどガラクタ入れをあさったらMR05LNが出てきた。いつ買ったんだろう?ラッキー。

これまでは外出時にノートパソコンが大量のデータ通信をしないようにオンラインストレージとの同期を制限するなど手間をかけてたけど、Nomad SIMで通信することにしてからはオンラインストレージとノートパソコンの同期を気にせず使えるようになって便利だわ。

ノートパソコンによるデータ通信を気にせず利用した結果、初月は18GBの利用だった。おおっIIJの12GBプランにしなくて正解だった。あやうく6GBもオーバするところだったよ。調子に乗って使いまくっても月18GBだったので100GB使い切ることはこの先しばらくないと考えていいな。

携帯通信費は1万円に

これまで我が家の携帯料金は家族4人で月6,000円だったけど、ここに月3,600円で100GBのデータ通信端末が追加になったのでとうとう1万円になってしまった。けど、家族4人で合計1万円ならまだまだ安い方だろう。たぶん。

楽器教室からの演奏権料徴収問題

JASRACがピアノ教室など楽器教室から演奏権に関する著作権料を徴収するって問題。ピアノ教室経営者としては裁判の行方が気になってしょうがない。世間での関心がだいぶ薄れていた今日この頃だったけど、裁判での証拠に使うためにJASRACが調査員を音楽教室に生徒として参加させてたって話があって、ふたたび世間を賑わせてます。ただ、そもそも何が問題になってるのかを誤解したまま、良いとか悪いとか言ってる人がいるんで、ここで整理。

興味のある人はよく読んで、何が問題なのかを考えてほしい。興味のない人はよく読んで、何が問題なのかを考えてほしい。興味があるんだかないんだかわかんない人・・・まあ、よく読んでくれるとうれしい。

まず「楽譜代で著作権料を払ってるんだから著作権料の二重取りだろ」という意見がありますが、間違いです。楽譜を買うときに支払っているのは楽譜という書物を書いた人への著作権料です。1つの楽曲でも、バンド用、弾き語り用、ピアノ連弾用、吹奏楽用、オーケストラ用などいろんな人がいろんな楽譜を書いていろんな出版社から出ます。楽譜を買うときにはその楽譜を書いた人に楽譜という書物を書いたことに関する著作権料を支払っているだけです。いま問題になっているのは「演奏する権利」に関する著作権料。同じ楽曲に対する著作権でも、別の権利です。

著作権法に『著作者は、その著作物を、公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として(以下「公に」という。)上演し、又は演奏する権利を専有する』とあります。いわゆる演奏権です。JASRACは、演奏権についてピアノ教室は著作権料の支払い義務があると主張してます。

必要な情報は次の2点

  • 「公衆に直接聞かせることを目的として演奏する」ときに演奏権が出てくる。
  • ただし、公衆に直接聞かせることを目的とした演奏であっても、非営利・無料・無報酬の3条件がそろっている場合は演奏権が及ばない。

ピアノ教室で生徒が演奏する行為は、公衆に向けた演奏ではないので演奏権は及びません(先生は公衆ではない)。問題になっているのは「先生が生徒にお手本を見せる行為」です。

議論のポイントは?

  • ピアノ教室の生徒は「公衆」か?
  • 先生が生徒にお手本を見せる行為は「公衆に直接聞かせることを目的」としているのか?

の2点です。

ピアノ教室の生徒は「公衆」って・・・・違和感しかないんだけど

JASRACは下記のとおり生徒は公衆に該当するとしています。

楽器教室における音楽著作物の利用は不特定の顧客(受講者)に対するものですから、公の演奏にあたります。

2017年2月27日JASRAC「楽器教室における演奏等の管理開始について」

音楽教室はお金を払えば入場できる点でコンサートやライブハウスと同じであり、生徒はお金を払って演奏を聴きにきている点でコンサートやライブハウスの聴衆と同じである、と。生徒はコンサートやライブハウスの聴衆と同じ「公衆」にあたるってのがJASRACの言い分。ピアノ教室は不特定多数に向けて生徒募集しているから、家族や友人といった特定少数にはあたらない。すなわち生徒は「公衆」だってことらしいんだけどさ・・・・。

これについては、社交ダンス教室で演奏権料を支払わずに音楽を聞かせていた事件の裁判で、誰でも入会できるダンス教室の生徒は公衆に対するものであるとした判例があるんだよね。

ていうか誰でも入会できないようにすればいいのか?選抜試験をやるとか。でも全員合格に近いと実質的に誰でも入会とみなされるんだろうな。生徒って公衆なのか・・・・。

先生のお手本は楽曲を直接聞かせるのが目的って・・・・違和感しかないんだけど

演奏権は「直接聞かせることを目的として演奏する権利」です。JASRACが楽器教室に調査員を生徒として送り込んだ目的は、この部分の証拠集めだと言われています。

朝日が入手したJASRAC側の陳述書では、職員は、講師の模範演奏を聴いて、「まるで演奏会の会場にいるような雰囲気を体感しました」と証言したとあった。

2019年7月8日 J-CASTニュース

いやいやいやいや、それ、どういうことよ。先生は演奏方法の実例を見せてるんであって、生徒に曲を聞かせてるんじゃないよ。生徒に指の運び方やペダルの使い方などを生徒が練習している曲を使って教えているんですよ。

でもそれだと演奏権が及ばないことになるので、JASRACとしてはなんとしても先生が生徒に「曲を聞かせてる」っていう印象を裁判官に持たせたいんだろう。でもそれは無理筋じゃね?ピアノ教室で先生がお手本を見せるのは曲を聞かせるのが目的じゃないよ、弾き方を見てもらうのが目的でしょ。

じゃあ、学校の授業にも演奏権が及ぶの?

でね、もしピアノ教室とかそういう音楽を教える場で指導者がお手本を見せることが「公に対して曲を聞かせている」から演奏権が及ぶっていうんなら、学校での音楽の授業にも演奏権料が発生するってことにならない?これに対してJASRACは

Q.学校の授業における音楽の演奏利用も対象となりますか?
A.学校の授業での演奏利用は、著作権法38条1項に該当するため管理の対象ではありません。

JASRAC公式サイトのQ&Aコーナー

ここにある著作権法38条1項は次の通り。『 公表された著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金(いずれの名義をもつてするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価をいう。以下この条において同じ。)を受けない場合には、公に上演し、演奏し、上映し、又は口述することができる。ただし、当該上演、演奏、上映又は口述について実演家又は口述を行う者に対し報酬が支払われる場合は、この限りでない。』

これ、最初に紹介した「必要な情報」の2つめね。公衆へ楽曲を聞かせることが目的の演奏であっても、それが非営利・無料・無報酬の3条件がそろってれば演奏権が及ばないってやつ。で、JASRACは、学校の先生が生徒にお手本を見せる行為もピアノ教室の先生と同じく公衆に向けた演奏にあたるが、学校の授業は「非営利・無料・無報酬が成り立っているから」演奏権が及ばないと言ってるのよ。

もう一度言うよ。

学校の先生が生徒にお手本を見せることは非営利・無料・無報酬だから演奏権は及ばない。

ピアノ教室の先生の給料にはお手本を見せた分も含まれているけど、学校の先生の給料にはお手本見せた分は入ってない、と?

は? 学校の先生はタダ働きしてるの?

学校法人は非営利法人だから、非営利だってのはいいよ。そこに文句はないよ。でも演奏権が及ばないためには非営利・無料・無報酬の3つがそろわなきゃいけないのよ?ぜんぶ満たさないといけないのよ?そこんとこ大丈夫なの?

無料ってことは、 学校の生徒は学費を払っているけど授業で先生のお手本を聞いてる時だけは授業料がタダになってるって解釈でしょ。著作権法での「無料」ってのは「名目を問わず無料」っていう厳しい条件があるのよ? たとえば「紅茶を飲みながら聴く無料コンサート(お茶代50円)」でも無料にはならない。「名目を問わず」なのでどんな名目であろうが聴衆が1円でも払ったら無料にならないのよ。生徒の学費はどういうことなの?先生がお手本を演奏している時間は学費が無料?お手本聞いた時間を累計して授業料の払い戻しとかあるの?

そして、無報酬ってことは、学校の先生は給料を受け取ってるけど授業でお手本を見せてる時だけは無報酬って解釈でしょ。学校の先生はお手本見せてるときはタダ働きしてるってこと? お手本見せてる時間を記録してその時間分の給料を減額してるの?してないでしょ。だいたい先生がお手本見せてる時間は無報酬ってそれブラック企業だろ、労働基準監督局の出番じゃねえか。

学校の先生のお手本は非営利・無料・無報酬だから演奏権は及びませんって・・・無理がありすぎでしょう。

行き着く先は・・・・

ピアノの先生がお手本見せるのも、学校の先生がお手本見せるのも、区別つかないけど学校から演奏権料を取るのはさすがに世間体が悪い。だから「学校の先生はタダ働き&生徒は無料」という無茶苦茶な説明で世間の目を楽器教室に集中させてる。

楽器教室は営利事業だから「他人の曲を使って給料もらってるんだから、作曲者らに利用料を払うのは当然」という感情論に一定の支持が集まっている。でも「先生のお手本は公衆に直接楽曲を聞かせることが目的の演奏」ってことが確定した行き着く先には、学校の授業での先生のお手本も対象になるよ。

だって「学校の先生はお手本を演奏している時間は無報酬で、学校の生徒はお手本を聞いている時間は学費免除になっているから対象外」なんて解釈はおかしいもん。学校の音楽の授業は、非営利だけど、無料でも無報酬でもない。非営利・無料・無報酬の3つがそろわないんだから演奏権が及ぶってことになっちゃうじゃんよ。

ピアノ教室からの演奏権料徴収問題ってのは、その先の学校での音楽の授業まで話が広がることを考えた上でその是非を論じてほしい。

先生が生徒にお手本を見せるのは、公衆に対して楽曲を直接聞かせることが目的ではない!演奏方法の実例を見せるのが目的だ!

トラックボール

さようならトラックボール

俺ね、だらしない性格だから机の上がきたない。机の上に置ききれない書類は足元の床に積む。結婚当初はカミさんにガミガミ言われてたけどいっこうに改善しないのであきらめたのか、それとも仕事場を自宅から切り離したので自分の目に入らないところにいる分には実害ないとあきらめたのか、いずれにしろあまりなにも言われなくなった。

え?熟年離婚の兆候?そうなの?

マズイなあ(棒読み)・・・・おっと、トラックボールの話するんだった。

机の上がきたないって話ね。だから昔から机の上にマウスを動かすスペースすら取れない。積んだ本や書類の上でマウスを動かすことが多くて、大学の研究室で参考書の上でマウスを動かしていたら指導教官にすげえ怒られたのはもう25年以上前のこと。

そんなこんなで20年くらい前に出会ったのが「トラックボール」。昔のマウスは中にボールが入っていて、マウスを動かすとマウス内部のボールが転がって内部のセンサーがボールの転がりを検知して画面上のカーソルが動く。最近のマウスは物理的にボールを転がすなんてことはなくて、LED光を机に当てて凸凹でできる光と陰の模様の動きをセンサーで検知してる光学式マウスが主流だけど、そんなすごいものがなかった時代ね。んで、その機械式マウスを裏返しにしたようなのがトラックボール。ボールが上に出てる。このボールを指で転がす。内部のセンサーがボールの転がりを検知して画面上のカーソルが動く。

トラックボール。赤いボールを転がすと画面のカーソルが動く。

マウスを動かして内部のボールを転がすんじゃなくて、その場に置いたまま指でボールを転がす。

なるほどぉ。

マウスと比べたら圧倒的に場所をとらない。しかもカーソルを長い距離動かしたい時にマウスだと動かす場所が限られてるから、いったん軽く持ち上げて場所を戻してまた動かして・・・となるけど、トラックボールはボールを転がしてればいいから楽。場所はとらないし使い勝手もいいので一発でトラックボールのとりこになったよ。

トラックボールにはボールが装置の真ん中にあるタイプとボールが左側に寄っててボールを親指で転がすタイプがある。真ん中にボールタイプは左右対称のものが多いので右利き左利きに関わらず使えるのが利点。親指タイプは、マウスの時に使わない親指をボールを転がすために使うので、残りの4本指がそのままマウスと同じ位置関係で使えるのでホイール付きマウスとかいろんなボタンがついたマウスと同等の指使いでトラックボールが使えるのが利点。

手と触れてる部分がテッカテカ

この親指トラックボール、買ったのは2000年ごろだったと思うのでかれこれ20年近く前か。それ以来のお気に入り。その間にパソコンは10台近く買い換えてるけど、トラックボールだけはこれをそのまま使い続けてる。おかげでザラッとした梨地のプラスチックボディが手のひらを乗せる部分と指を乗せるボタン部分だけがツルッツルになってテカってる。

20年も壊れずによく動いてるよな。

と思ったら、先週末あたりから急にガタがきはじめた。昨日からはとうとう真ん中にあるホイールの反応が急激に悪くなり、回しても回してもスクロールがうまくいかなくなってしまった。

さようなら僕のトラックボール・・・・

ようこそトラックボール

ということで、20年ぶりにポインティングデバイスを買い換えることに。

やはりここは使い慣れた親指トラックボールで。同じメーカーから同じデザインで今はワイヤレスタイプが発売されている。20年近く手に馴染んできたものなのでこれにしようかなと思ったんだけど・・・古い人間なもんでワイヤレスタイプだと微妙な動きへの追随性が悪いんじゃないかという疑念が消えなくてね。いまどきそんなことないよなとは思いつつもついつい有線タイプを探してしまう。

右側が新入り

ということで、デザインができるだけ近くて有線タイプを探したところ写真の右側がこれからの相棒に。ボールの露出方向が真横よりも斜め上になってる部分が今まで使ってたトラックボールに近くで親指の動かし方に違和感が少なくて良かった。一方で薬指や小指の位置が今までは包み込むように下がっているのが、こいつは平らなので包み込むというより乗せるという感覚なのでまだまだホイール付近の指の感覚が慣れない。

ま、そのうち慣れるでしょう。